敏感肌が選びたい洗顔と保湿化粧品のこと。

はじめまして。

 

アラフォー管理人の渚です。

 

私自身肌が弱くて若い頃から肌荒れに悩まされてきました。
時々ブツブツが出たり、被れたり赤みが出たり。。。

 

化粧で隠せるうちはいいんですけどね。そうもいかなくなると大変です。
また、30代半ばくらいに差し掛かると敏感なだけでなくてヒドイ乾燥しやすい状態になってくるんです。

 

うるおいが不足するとシミやシワ、たるみ、くすみなどなど年齢肌の原因になります。
見た目は最低限気にしたいですよね。

 

うるおいが不足する。うるおいを保てない肌になる。

 

するとターンオーバーも遅れがちになります。
だから20代、30代のうちから、基礎化粧品の選び方、使い方は妥協するべきじゃないなとヒシヒシと感じています。今更ながら。

 

なので、もしもあなたがまだ20代、もしくは30前後くらいなら
無理のない範囲で参考にして頂けると何よりです。

基礎化粧品の選び方、お金のかけどころ

基礎化粧品といってもたくさんの種類があります。

 

保湿だけでも化粧水、美容液、乳液、クリーム、
最近では導入美容液とか、ブースターローションなるものもあります。

 

化粧水を浸透しやすくする化粧品だとか。。。

 

もうこうなると手を変え品を変えですよね。苦笑

 

逆に、オールインワンジェルも人気です。
これまで別々に使っていた上記の化粧品を一つで済ませるのだから優れものです。

 

一昔前は、
「オールインワンジェルってどうなの!?」
「全然物足りない!!」

 

とか言われることが多かったと思いますが、
最近は良いものが増えたと思います。

 

ラインでそろえるのに比べたら、費用もお手頃です。
もしも、
「私、化粧水しか使ってないし」
とか
「化粧水と乳液だけ」
という方は、
オールインワンゲルに乗り換えてみると良いと思いますよ。

 

 

お金のかけどころとしては、やはり洗顔が大事です。

 

ここで結論を言ってしまいましたが・・・笑

 

クレンジングと洗顔石鹸はとっても大事です。

 

  • 化粧を落とすこと。
  • ホコリや油汚れを落とすこと
  • 皮脂を奪い過ぎない事
  • うるおいを奪い過ぎない事

 

簡単にあげてもコレだけのことが求められるからです。

 

カサカサになるまで洗ったり、突っ張ったり、
クレンジングしてから慌てて植物エキスや作られた美容成分で保湿するより、肌が持つうるおいを奪わない方が大事です。

 

因みに、最近では基礎化粧品はネットで通販する人が多いと思いますが、
敏感肌ならクレンジングを買う前にチェックしたいサイトをご紹介します。

 

→敏感肌のクレンジング

 

続いて、無添加化粧品について抑えておきたいこと、知っておいて損のないことをご紹介します。

無添加化粧品はどれも同じ!?無添加コスメの見極め方と選び方

無添加の定義とはそもそも何?

 

特定の天然ではない化学合成物質を含んでいないものという意味で
簡単にゆうと言葉の意味そのもので添加物がないということです。

 

実は、無添加化粧品に関しても明確な定義はありません。

無添加化粧品の違いや判断基準は!?

判断基準は難しいですが、成分表記を見てください。
@石油系界面活性剤や乳化剤などが使われていないもの
Aアルコールはヒリヒリの元になりやすい為低刺激のもの

 

の2点に注意して判断してみてください。

 

無添加の違いはアレルギーや発がん性が起こる可能生のある成分や接触刺激や皮膚毒素などのいわゆりお肌トラブルを起こす可能生がある102の成分が含まれていない化粧品をいいます。
ですが、表示指定成分として表記の必要ないフェキシタノールという防腐剤や石油系保存料は含まれていることもあり一般的な無添加を連想する概念とは少し違います

 

一方一般的な無添加を連想する完全無添加は
旧表示指定成分を含む、石油系保存料や石油系界面活性剤といった石油成分、香料や着色料、エタノールが無添加のことを言います。
無添加よりも厳しいチェックで作られていて天然成分であることが求められています。
お肌のトラブルを招いてしまうような成分、よくない物質などが含まれていないものが多いため安心できます。

無添加化粧品のメリット・デメリットとは

メリットはなにより肌が赤く腫れたりなど肌のトラブルが起こりにくいということです。
更に肌が元々持っているターンオーバーなどを妨げることなくケアをが出来るといったことです。
自然由来のちからで肌が持っているパワーを引き出せます。

 

 

 

デメリット
原料の費用がかかることによりどうしてもコストが高くなってしまう。

 

商品によっては塗りにくかったりすぐに固くなってしまうものもあり使いにくいのもある。

 

保存力が弱いため保存方法が難しく防腐剤が入っていないものが多く品質が劣化してしまう。

敏感肌やアンチエイジングに無添加化粧品の選び方ってある?

結論からゆうとあります。
理由は無添加=安全とは限らないからです。

 

何が無添加なのか表記していない製品もあるためにただ無添加とゆう言葉だけに惑わされないでください。

 

選びのポイントとしては
@分かりにくい表現を使っていないか
A何が無添加なのかを表現しているか
の2つに注意して選んでみてください。

 

特に敏感肌など肌の弱い人は石油界面活性剤と表記されているものには注意してください。
肌バリアが壊され肌トラブルに繋がります。

 

 

他にもアルコール系や石油系も避けるべきですが、化粧品の効果や効能に直接関係のない、合成着色料や合成香料なんかも不要です。
影響を与えやすい4つの成分(特に敏感肌)
@着色料
A香料
Bエタノール
C石油系界面活性剤

 

-これらの成分が入っていないものを選ぶといいですね?

選び方。

クレンジング・洗顔編

クレンジングオイルやフォームには合成界面活性剤が含まれているものが多いため人によっては皮膚炎やアレルギーを起こすことがありますので、洗顔やクレンジングは汚れを落とすことが目的ですので無添加にこだわるのならば断然石鹸がいいと思います。

 

保湿化粧品編

どの成分が合うか合わないかは人それぞれ変わってきてはしまいますが、天然成分にも刺激があるのはご存知ですか?
ですので天然かどうかより配合量の少ないもの、
アルコールや肌の刺激となるような成分が少ないものなどシンプルな化粧品を選ぶようといいしょう。

 

UV編

大きく分けて2つに分類されます。
@紫外線吸収剤
A紫外線散乱剤

 

@の紫外線吸収剤は名前の通り紫外線を肌に届く前に吸収してしまい吸収された成分は熱や赤外線などのエネルギーとして放出されます。
この化学反応は肌に負担を与えることから肌の弱い人が使ってしまうとかぶれや湿疹の原因に!

 

よって紫外線を反射、散乱させて肌への侵入を防ぐ紫外線散乱剤を選ぶといいと思います。